オリンピックにeスポーツが? 3

こんにちは、格ゲーチェッカー( https://twitter.com/kakuge_checker )の中の者です。前回はゲームの持つ暴力的なテーマが世界平和を目的とするオリンピックには障壁となるという話でした。問題はそれだけではなく、「世界的な統括機関がない」という問題もあるそうです。

世界的なeスポーツ団体というと、韓国に本部を置く国際eスポーツ連盟(IeSF)が思い浮かびます。IeSF公式サイトによれば現在およそ50カ国が加盟しており、その中の1つである日本も、日本eスポーツ連盟(JeSF)が代表となって加盟しています。

IeSFは既に、アジア地域の国内オリンピック委員会(NOC)の集合組織であるアジアオリンピック評議会(OCA)にeスポーツの国際団体として認められており、eスポーツが正式競技となることが決まった2022年のアジア競技大会でもeスポーツ競技の中心になるのはこのIeSFである可能性が高そうです。

2016年12月にはIeSFが国際オリンピック委員会(IOC)の承認団体入りを目指すというニュースもありました。日本でもJOCへの加入を目指すeスポーツ団体があり、オリンピック関連組織からの承認を受けることを目指す流れが世界的に進んでいるようです。

ただやはり、一般的なスポーツとは違い、競技がいちメーカーの商品であるという事実は変えられません。今後生まれるであろうeスポーツを統括する団体は、一部のゲームメーカーに大きな利益を生む力を持つことになります。そんな統括団体を誰が組織するのか、どうやって決めるのか、というのは全くもって簡単な話では無さそうです。

※参考:GIGAZINE日本語解説記事
http://gigazine.net/news/20170831-esports-olympics-not-violent/

※参考:Polygon 「If esports come to the Olympics, don’t expect to see ‘violent’ titles」
https://www.polygon.com/2017/8/30/16228134/olympics-esports-violent-video-games

※参考:South China Morning Post「Violent video games have ‘no place at the Olympics’, but e-sports are still in the running」
http://www.scmp.com/news/china/society/article/2108501/violent-video-games-have-no-place-olympics-e-sports-are-still

※参考:IeSF公式サイト
http://www.ie-sf.org

※参考:ウィキペディア「アジアオリンピック評議会」

※参考:OCA公式サイト SPORTS FEDERATIONS一覧
http://www.ocasia.org/Sports/AllSportsFed.aspx

※参考:SankeiBiz「国際eスポーツ連盟、IOC承認団体入り目指す」
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/161219/cpd1612190500002-n1.htm

※参考:ウィキペディア「IOC承認国際競技団体連合」

上記サイトによれば、IOC承認団体にはチェスやトランプ・ブリッジなど、マインドゲームの団体も承認されているものの、それらの競技がオリンピックには採用されたことは無く、承認されればゴールというわけでも無いようです。

Games: 
SOUL CALIBUR VSOUL CALIBUR V
Street Fighter VStreet Fighter V
Super Street Fighter IVSuper Street Fighter IV
Ultra Street Fighter IVUltra Street Fighter IV
鉄拳タッグトーナメント2
Platforms: 
PCPC
PlayStation 3PlayStation 3
PlayStation 4
Xbox 360Xbox 360
Xbox One
コラムカテゴリ: 
ニュース