EAAコラム #43 オーバーウォッチ:勝つために意識すること「メンタル編」 #02

EAA-43-1
みなさんこんにちは。

わたしは、FPSのニュースや動画とかを扱う愉快なサイト「EAA!!」の、いわゆる中身です。よろしくお願いします。

FPSを始めたころ、こんなことを言っている人がいました。「敵にキレるのは初心者。味方にキレるのは中級者。自分にキレるのが上級者」

目標にするような標語とは少し違いますが、なるほどなぁと。いくらプロ級にゲームが上手くても、感情丸出しプレイヤーは、あんまりかっこいいものじゃあないですね。

「感情なんか抑えられないじゃないか!」というアナタのために感情のメカニズムを少しだけ解説します。

感情は出来事に左右されるのではなく、思考に左右されるものだとされています。人間には「出来事」→「思考」→「感情」→「行動」という流れがあり、感情を抑えられる人と抑えられない人の違いはこの「思考」の部分なわけです。

同じ「出来事」でも、人によって「思考」の過程が違うため「感情」と「行動」という結果が変わってくるわけです。同じ「敗北」でも、「この敗北を次に活かそう!」と「ちきしょー!(どんがらがっしゃーん!!)」に分かれるのはこのためです。

味方の動きが悪くて自分が死んだから味方が悪い…と思いがちですが本当にそうなのでしょうか。いつもいつもそのような条件反射的な思考を続けていては成長できないので、敗北からも学ぶようにしたりしなかったり…意外と難しいんですよこれが。

早々に諦める味方(トールビョーン自陣に設置しだしたり、氷で味方の邪魔をしだしたり)を見るのはなんとも言えない情けなさが。

とにかく、感情を理性でコントロールできないでいると、物事の冷静な判断や自分を客観的に見る能力が低下してまた負ける…という負のループに陥ってしまうこともあります。ゲームに勝つには腕と同じくらい脳の力が必要ということを意識して、まずは感情を抑え、クールビューティーに戦うことを心がけてみては?

続く:

コラムカテゴリ: 
ニュース