えれ子 コラム #36 暴言は自分の価値を下げる行為です

皆様こんにちは、えれ子です。

ゲームで負けた時、ついつい味方に対して腹が立つ時ってありますよね。特にチームでの動きが重要なOWやLoL等のゲームならなおさら…そのお気持、充分わかります。ただここで、本能赴くままゲーム内チャットやTwitterで「味方(名指し)雑魚すぎ」だの「へたくそ死ね!」だの言っちゃう人、いったん深呼吸してみましょう!

もし将来、あなたが何かしらすごい大会に出たいとか、プロゲーマーになりたいとか、ゲーム実況で人気になりたいとかetc、いろいろ考えているのなら、なおさらネガティブなワードを人の目につく場所へ投稿する事はオススメできません。

体験談として、私が野良でOWをプレイ中、同じチームになった味方が「お前ら雑魚すぎ」「ゲームやめろ」だのなんだのチャットで煽られた事があるのですが、その方が某プロゲーミングチームに加入する事を知りました。そこで彼は「一生懸命がんばりますので、よろしくお願いします」と丁寧な言葉で挨拶していました。

それを見た私はもちろん「なーに猫かぶってんだよお前なんか応援する訳ねーだろ」と思った事は内緒にしません。まぁ私は単純なので、いい事を言われると素直に嬉しくなるし、馬鹿にされるといい印象は持ちません。ちなみに暴言を吐いていた方はいろんなところで暴言を吐いていたのか、私の周囲では「あーあの暴言すごい人ね」という形で名前を憶えられていた人でした。

逆を言えば、そういうネガティブな事を言わないというだけで印象良く思ってくれる人がいるって事です。たまに本能のままチャットやTwitterで暴言はく人を見かけますけど、本当にもったいないというか、わざわざ暴言吐いてまで自分の価値を下げる必要はないのになーと私は思っています。

それでは、また。
えれ子

コラムカテゴリ: 
ニュース