Noppoコラム WK20: 無駄にアクションを起こさない

アクションを起こすということは、相手に自分の位置を知らせるということ。
時と場合によっては、アクションを起こさない時のほうが良いこともある。

たとえば相手はこちらの位置を分かっていない1 vs. 1の状況下で、持っているフラッシュグレネードを何の考えもなしに投げてしまうとしよう。

その破裂音で敵は相手がどこにいるかも把握し、無意味な投げ方であればこちらがすぐにそこから移動したということまで読み取られてしまう。
設置ポイントとは逆方向に進んでいる敵を発見したら、あえて撃たずに設置したほうが良い場合もある。

大切なことは、相手がこちらの何を分かっているかを考えるということ。相手にとって一番怖いのは、敵の居場所などが全く不明なこと。不明であればあるほど敵は考え、その分時間を消費する。結果的に爆破までの時間を稼げるなどして勝利につなげることが出来るだろう。

Games: 
Counter-Strike 1.6Counter-Strike 1.6
Counter-Strike: Global Offensive
Platforms: 
PCPC
コラムカテゴリ: 
ニュース